視力回復 トレーニング方法について


大人になると視力の回復はできない、レーシック手術を受けるしかない。 とこんな間違った常識で悩んでいませんか?
実は、手術をすることなく自宅で簡単に視力を回復する方法があります。 ⇒自宅でできる視力回復方法とは!

こちらでは、自宅で出来る視力回復トレーニングなどについてご紹介しています。

「最近、文字などが見えにくく視力が低下している気がする・・・」

このようにお悩みの方は、すでに、話題の視力回復トレーニング方法を試しているかもしれませんね。


視力回復トレーニングをする女性


視力回復の為、メガネやコンタクトレンズで、
視力を矯正されている方って意外と多くいらっしゃるようです。

もしも、自宅にいながら自分で視力を回復することが出来る
トレーニング方法があれば、試してみたいと思いますよね。

子供の為の視力回復トレーニング方法はこちら♪




どんなトレーニング方法なのか?


では、自宅でできる視力回復トレーニングとはどのような事をするのでしょうか?

これは、視力を回復するためのトレーニングで、
アメリカの眼科医が考案した視力回復トレーニング方法なのです。

目の周辺の筋肉や神経を鍛えることで低下してしまった機能を少しずつ復活させ、悪くなった視力を取り戻します。



自宅で出来る視力回復トレーニング方法について!


では、自分で簡単に出来る視力回復トレーニングを幾つか紹介しますので
参考にしてみてください。

眼球トレーニング

やり方はとても簡単です。

目の筋肉を意識するような運動ですので、
目の筋肉を鍛えることを意識しながら行ってください。

「目を上下左右に動かしたり、斜めや目をぐるっと回転させたりする」


視力回復トレーニングをする女性


これだけですが、運動を行うことで、目周辺の血行を促進させ、
衰えてしまった筋肉を鍛えることが出来るのです。

慣れるまで、何も焦点がなく難しいようならば、
自分の人差し指を使い、その人差し指を追うようにして目を動かしてみましょう。


遠近トレーニング方法

この方法もとても簡単ですよ。

「自分の目の前にえんぴつやボールペンを差し出し、見つめる」

数秒見つめた後、出来るだけ遠くにある建物や木などを見るようにして下さい。

ボールペンと建物を交互に見る感じで行います。

これは「毛様体筋」と「水晶体」を動かすための運動なのです。

これらのような、視力回復トレーニングとは

視力低下=目の機能の低下

と考えられています。

低下してしまった目の機能を元に戻すことで視力を回復させるという物なのですね。



眼精疲労の改善を!




眼精疲労で悩む男性の画像


普段からパソコンやスマホを長時間使っている方は、視力低下の原因となりますので、できるだけ長時間の使用を控えるようにしましょう。

これには、パソコンやスマホの画面から発せられているブルーライトと呼ばれる光が関係しているのです。

このブルーライトは目に悪い光だと言われていて、長時間見続けることで眼精疲労を引き起こします。

まず、眼精疲労になると目の周辺の筋肉が凝り固まり、血液の流れが悪くなってしまいます。

結果、眼精疲労が蓄積され、ピントが上手く調整できなくなり、視力が落ちてしまうというわけです。

これを改善させるには、目の凝りを解消させる必要があります。

目のマッサージをしたり、目を温めたりするのもいいですし、目の凝りは肩こりにも繋がるのでストレッチもおすすめです。

眼球を強く押してしまうと網膜剥離などを引き起こしてしまう可能性もあるので眼球ではなく目の周りの固い部分(骨の部分)をマッサージするようにしましょう。

眼精疲労を改善させることで視力低下を防ぐことができますから、視力回復のためにも目の凝りを解消させて血液の流れを良くする事を心がけてください。

そして、眼精疲労の原因にもなるパソコンやスマホを使う時は出来るだけ明るい場所で使用するようにしましょう。